薪ストーブに適した薪とは? 薪の種類は?針葉樹も使えるの?

薪ストーブに適した薪とは? 薪の種類は?針葉樹も使えるの? 薪ストーブ

今回は薪ストーブの燃料となる「薪」についてお話します。

薪ストーブを使用する際は、どんな種類の薪を使用することができ、その薪が定期的に手に入りやすいかを知り、正しい燃し方を学ばなければいけません。 薪の使用方法を間違えるとストーブ本体を破損させてしまうこともあります。今回は薪ストーブで使用する薪にはどんな種類があるかを綴っていきます。

薪の種類

まず薪は広葉樹と針葉樹の2種類に分けられます。薪ストーブを使用する際には、広葉樹と針葉樹の特性を理解して薪を燃すことが重要になります。

特に針葉樹は使用方法を間違えると薪ストーブを破損させてしまうこともあるので、薪の種類、それぞれのメリット、デメリットについて理解しておきましょう。

広葉樹とは

ブナ、ナラ、ケヤキ等は広葉樹に分類され 弊社の建物の周りにあるこの木は広葉樹です。葉は丸い物や常緑樹が多く、 樹皮が固いのが特徴です。

広葉樹のメリット

広葉樹は、密度が高く火持ちが良いのが特徴です。ゆっくりと燃えるので薪の消費を抑えることもできます。
↓こちらは弊社で販売している薪ストーブ燃料用の広葉樹(樫の木)です。皮付きの物で、非常に火持ちが良いです。

栃木県で薪ストーブ燃料販売

皮付きでない薪も販売しております。詳細はこちら

広葉樹のデメリット

広葉樹は燃焼速度が遅く、密度が高いため着火しずらいです。着火時には細くて火が付きやすいサイズの物が必要になります。
こちらは広葉樹で着火させた様子ですが、うまく着火させれば広葉樹だけでも燃すことができます。

針葉樹とは

一方、マツやスギ等は針葉樹で、密度が低いため広葉樹より早く燃え尽きます 。葉が針状で細いのが特徴です。年輪がクッキリしていて樹皮は手でめくることができます。こちらの写真は冬に撮影した物です。

針葉樹のメリット

針葉樹は油分が多く含まれているので、着火にぴったりです。そして日本では針葉樹の方が入手しやすく価格も安いことが多いです。林業を営んでいる方は針葉樹が不要な場合もあるので、時にはタダで手に入る事もあります。

針葉樹のデメリット

針葉樹はすぐに燃え尽きてしまう為、薪の消費が早いです。
そして油分が多い為、ストーブの温度が一気に上がります。そのまま針葉樹のみを燃やし続けると炉内温度が1000度以上になります。この場合ストーブの表面温度は500度以上にもなります。(針葉樹を使用しても温度が一気に上がらないようにするストーブもございます。)
通常の薪ストーブの表面温度は200度~300度が適した温度であるので、温度調整をしっかりしないと本体を破損させてしまいます。本体を破損させてしまうと修理が高額なので失敗は禁物です。

針葉樹には上記のようなデメリットがあるので薪ストーブで針葉樹を燃やしてはいけないと思っている方もおりますが、針葉樹を燃やせる機種で調整をきちんとすれば問題ございません。着火時には針葉樹を使用し、炉内の温度が高まってきたら広葉樹に切り替えるのがおすすめです。広葉樹と針葉樹の良い部分を生かして燃すと薪ストーブがうまく機能します。

薪ストーブ用の温度計を使用して、温度管理に注意しましょう。

薪ストーブ温度計

こちらの薪ストーブ用温度計は磁石タイプで本体にくっつきます。

お使いのストーブが針葉樹を使用しても問題が無いか不安な時には購入店等の専門家に相談しましょう。

薪ストーブに適した薪とは?

薪ストーブに使う薪は種類や状態によって燃えやすさ、割りやすさ、値段などが変わってきます。もしも薪ストーブに適さない薪を使用すると本体を破損させてしまったり、煙道火災が起きてしまったりする事があります。その為、薪の種類、薪の状態を理解して薪ストーブを使用する必要があります。

薪ストーブに適した薪の条件を大まかに分けるとこのようになります。

比重が高いこと

どんな薪の種類でも重量に対する熱量は変わりません。ですので比重の高い薪(広葉樹)の方が針葉樹よりも火持ちが良くなります。比重の低い針葉樹はすぐに燃え尽きてしまいます。針葉樹のスギやマツなどは焚き付けの時に、比重の高い広葉樹のナラや樫、白樺などは二次燃焼の時に使うといった方法で効率良く燃料を使うことができます。

定期的に入手できるか

定期的に薪を入手できないと薪ストーブが使えません。薪ストーブに適した薪を近所で入手できるか調べましょう。薪は主に薪ストーブのお店やホームセンター、インターネットの通販などでも手に入ります。ご自身が定期的に薪を入手できる方法を事前に調べましょう。

弊社では薪の販売もしております。詳細はこちら

栃木県で薪ストーブ用燃料販売

割りやすさ

樫の木やケヤキ等は非常に硬いので薪作りを楽しみたい方には不向きです。炉内に入る大きさに加工してある薪であれば大丈夫ですが、薪割りをする際は「割りやすい木」かどうかを確認しましょう。

乾燥していること

薪の含水率も注意しなといけません。含水率が高いと水分の蒸発で熱を奪われて、燃費が悪くなります。2年は乾燥させるのが理想的ですが、最低でも1年間は乾燥させましょう。含水率が20%以下になればベストです。原木が手に入っても乾燥に時間を取られてしまいますので注意してください。

自宅に薪を保存する場合、風通しが良く屋根のある場所があると安心です。専用の薪小屋を作ってストックしておく場合が多いですが、スペースがない場合は家の軒下などに場所を確保する人もいます。また薪ストーブの周辺は空気が乾燥しており、室内に薪を置いておく場所として適しています。

燃えやすいか

木の種類によって燃え方が異なります。ゆっくりと静かに燃える木を入手しましょう。広葉樹ではケヤキやナラ、特に樫は火持ちが良いとされています。

ヤニが少ないこと

ヤニが多いと煙突の内側に付着していき、最悪の場合は煙道火災を起こしてしまうこともあるので注意が必要です。薪を燃やす際にヤニがあると煙が多く出るので薪ストーブでの料理にも適しません。針葉樹は広葉樹と比べてヤニが多くなります。

針葉樹を焚き付けの時などに使う場合は、あらかじめよく乾燥させた針葉樹の薪を使い、十分に燃やしてください。

最後に

薪ストーブを使用する際は、燃料である薪の特性を把握する必要があります。

ストーブによっては針葉樹を使用しても問題がない機種もございます。

しかし温度管理等の使用方法を間違えると、こちらの薪ストーブのように割れて使用できなくなる事もあります。

薪ストーブ破損

ストーブ本体の温度調整は特に注意し、定期的なメンテナンスは欠かさずに行いましょう。

上記に記載した薪ストーブに適した薪を使用して、薪ストーブライフを安全に楽しみましょう。

那須高原プランニング店舗情報

薪ストーブ・ペレットストーブに関する事は那須高原プランニングにお任せください。
那須高原プランニング全体のHPはこちら

那須高原プランニングアクセス

那須高原プランニング有限会社
〒325-0303
栃木県那須郡那須町大字高久乙2730番地13 アクセス詳細
営業時間:9時~20時
TEL 0287-73-8581

コメント

タイトルとURLをコピーしました