ARCH ENEMY 「Wages Of Sin」 CDレビュー アンジェラ期の名盤 アーチ・エネミーおすすめアルバム

ARCH-ENEMYの「wages-of-sin」CDレビュー 商品レビュー

那須高原プランニングではメタルCDの買取も強化中です。
メタルCD買取スタッフの個人的なレビューですが、参考になれば幸いです。
ARCH ENEMY 「Wages Of Sin」のCDレビューを書いてみます。

Wages Of Sin

「Wages Of Sin」はARCH ENEMYの4枚目のスタジオアルバムです。

初期のボーカルであるヨハンが解雇され、アンジェラ・ゴソウが新ボーカルとして加入したアルバムです。

初めて音源を聴いた時は、残虐性の高いグロウルで男性が歌っているのかと思いました。

バンドのメンバー写真を見て美人な女性がセンターにいて驚きました。モデルさんのような美形な女性から物凄いブルータルな声が出るとは思いませんでした。

前ボーカルのヨハン時代は日本でのみ人気がありましたが、アンジェラにボーカルが変わって世界的に人気のバンドになっていきました。

「Wages Of Sin」は獣の雄叫びのようなボーカルに美しいギターのメロディがのったアーチ・エネミーの典型と言えるアルバムです。

ヨハン時代のギターは2音半下げでしたが、このアルバムから2音下げになっています。アーチ・エネミーのギターの練習をしたい人からすると、弦のテンションが半音分強くなります。

各曲紹介(収録曲順)

ENEMY WITHIN

静寂な美しいピアノから始まります。激しいドラム・ギターへと変わり、一気に疾走感あるメタルに突っ走ります。のっけから「これぞメロディックデスメタル!」といった文句無しの一曲です。

BURNING ANGEL

このアルバムで一番好きです!
イントロがメガデスの「Hangar 18」ですが、アモット兄弟らしいメロディに持っていきます。ワウペダルを踏みたくなります。
この曲の私の中でのハイライトはギターソロです。特にアモット兄の泣きのメロディが美しい!後半のソロではメタルギター好きには堪らない速弾きフレーズ(インペリテリが弾きそうな)。
疾走感を失うことなく泣かせるギターソロはマイケル・アモットの才能ですね。マイケル・シェンカー愛がひしひしと伝わります。

HEART OF DARKNESS

ARCH ENEMY – Heart Of Darkness (Album Track)

ザクザクしたヘヴィなリフで始まります。ミドルテンポな曲です。
アンジェラのボーカルは極悪ですが、楽器隊だけを聴くとサビはめちゃくちゃ爽やかでポップです。このギャップがアーチ・エネミーの良さですね。

Ravenous

ARCH ENEMY – Ravenous (OFFICIAL VIDEO)

ライブでは定番の曲ですね。聴くだけでサークルピットが出来る絵が浮かびます。
メガデスのように疾走感と攻撃性が溢れるリフ、哀愁あるギターソロ、比較的キャッチーなボーカル、最高です。
このアルバムでは「BURNING ANGEL」の次に好きです。マイケルの泣きのソロが終わった瞬間にクリスの速弾きソロが入る部分が特に好きです。

Savage Messiah

スローテンポで非常に不気味です。
Black Sabbath の「Black Sabbath」のように人々を怖がらせるような曲です。
ギターソロ時のクリスのコーラスがかかったクリーンなアルペジオは幻想的で曲の世界に引き込まれそうです。

Dead Bury Their Dead

Daniel Erlandsson – Arch Enemy – Dead Bury Their Dead

この曲はボーカルがアリッサに代わってからも比較的ライブでやる事が多いですね。
ダニエル(ドラム)を中心にした動画がアップされていました。ドラムだけ聴いていてもカッコいい!スラッシーなギターリフが気持ち良い!もちろんギターソロも良いですが、この曲はリフのカッコよさが目立ちます。
この動画はアリッサが歌っていますが、アンジェラ時代と比べても違和感がありません。

Web Of Lies

切り裂くようなアンジェラのボーカル。サビは若干明るさを感じます。

The First Deadly Sin

ギターがめちゃくちゃ歪んでいます。スレイヤーを彷彿とさせるスラッシュ系です。
2:05から展開が変わってメロディックになっていきます。
2:55からスローになります。そして一気にザクザク・ドコドコなスラッシュ系に変わります。
曲展開が面白い超ヘヴィな曲です。

Behind The Smile

「移民の歌」をモダンメタルにしたようなリフで始まります。ヘヴィさに重点が置かれたダークな曲です。
ヘヴィで重苦しい曲ですが、ソロになるとギターが泣きまくります。
アルバム全体を通して聴くと飛ばしてしまいそうな曲ですが、ソロの泣きは最高です。ソロの部分だけでもリピートしてしまいます。

Snow Bound

私好みの泣きのインスト曲です。
クリスのクリーンなアルペジオに兄マイケルの泣きまくるメロディがのります。
難しいテクニックなんていらない!この泣きのメロディさえあればいい!と思わせてくれます。
タイトルのように雪に閉ざされた寒々しい中に切なさがあります。1分33秒と短い曲ですが、マイケル・アモットの胸を締め付けるような泣きのメロディが炸裂しています。
残虐性の高い曲から切ない曲まであるARCH ENEMYのギャップに毎回魅了されてしまいます。

Shadows And Dust

アルバム最後の曲です。「Snow Bound」でしんみりとした気分にさせておいて、「Shadows And Dust」になった瞬間ディストーションが効いたギターが始まって心を躍らせます。
サビのリードギターは哀愁あっていいですね。
プロレスラーの荒谷望誉選手が入場曲にも使用していました。

最後に

ボーカルがアンジェラに代わって初のアルバム。最初に聴いた時は女性が歌っている事に本当に驚きました。下手な男性デスメタルバンドよりもブルータルです。そして美人なのでライブで映えます!アメトーークの「ハードロック芸人」の回でアンジェラのグロウルは紹介されていました。ARCH ENEMYは女性ボーカルデスメタルの先駆者です。

そしてこのアルバムは、アモット兄弟のメロディセンスが冴えわたっています。
私の中でのキラーチューンは最初の2曲と最後の2曲です。

・メガデスが好き
・暴力性の高いスラッシーな刻みが好き
・哀愁漂う泣きまくりのギターが好き
・ブルータルなグロウルが好き

このような方にはおすすめのアルバムです。

ハードロック・ヘヴィメタルCD買取

那須高原プランニングでは聴かなくなってしまったCDの買取を行っております。
特にフォークメタル・ヴァイキングメタル・メロディックデスメタルのCDは買取強化中です。
買取についてはこちらのサイトのホームからご確認ください。

店舗買取・ネット買取(宅配)の流れについてはこちら

HR/HM CDレビュー アーティスト・アルバム一覧

店舗情報

那須高原プランニング有限会社 那須営業所

古物商許可証:栃木県公安委員会 第411110001207号

栃木県那須郡那須町大字高久乙2730番地13

TEL 0287-73-8581

アクセスの詳細はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました